2013年03月08日

並列・並立の接続詞

前回、日本語で考えたことを、同じ意味の英語の例文などで考えてみましょう。
①の例文
 風がそよぎ、雲が流れる。

まず英語に直してみましょう。
そのさい、自然現象を表す日本語の表現があまりに豊富(世界の驚異)なために、英訳に苦労することも多いのです。
「風が吹く」という現象にも、単に「吹く」という言い方から始まって、この例文のように「そよぐ」、「吹きすさぶ」「吹き荒れる」など、多様です。でも、日本人の誇りを持って、多様な表現を英訳したいものです。
それこそ、英語の世界でも日本人が誇れるはずの得意分野になりそうだからです。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

こういう場合、現象を《物理的に考えてみる》ことが必要です。
「そよぐ」というのは、「穏やかに」「やさしく」「優雅に」吹くということを意味すると考えてみます。
そうすると、
 The wind blows gently(softly), the clouds flow.
とでもなるでしょうか。ここで、雲は複数形にした(たった1つということはないだろうから)ので要注意!
「雲が流れる」という典雅な表現も日本語特有のものです。そこで、ここでは move よりも flow ( in the sky )という詩的な表現にしてみます。

英語の記号 , にも、じつは接続詞の意味があるのですが、 The wind blows gently と the clouds flow との連結関係を明確にするために接続詞でつなぎましょう。 
すると、
 The wind blows and the clouds flows. 
となります。
英語でも and は並列・並立の関係を表す接続詞です。

ここで重要なのは、「風が吹くから、雲が流れる」という原因と結果ではないということです。
あくまで、私の意思としては、同じ重さの関係で「風が吹く」と「雲が流れる」という2つのできごとが描かれているのです。
なぜ、こんなことを言うかというと、英語の and には、「そして、その結果」「しからば」というように、理由から結論を導くという用法と意味があるからです。
それでも、文法上の構造では、2つの部分は対等並立の関係です。しかし、ニュアンスにおいて因果関係をある程度含むことになるのです。

英語で、このように対等の重みで2つ以上の分が組み立てられている構造を、「重文」と呼びます。日本語でも同じです。「単純に重なっているだけの文」という意味です。
並列・並立の関係で結ばれた2つの部分(主語・述語関係)からなる文を、「重文」と呼ぶのです。2つの部分は入れ換え可能です。

英語では、入れ換え不可能でも重文をつくる接続詞には、or があります。
また、 and とだいたい同じような意味の接続詞や接続語(熟語句)には then とか as well (as) などがあります。
ただし、 then には「~ならば」という意味合いが込められる場合が多いです。また、 as well (as) は「さらに付け加える」という累加や添加の意味用法があります。



posted by 田舎おやじ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 接続詞を考える | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

接続語(つなぎ言葉)

前々回、前回くらいから、文と文、文節と分節とのつながり関係が、論理が明晰な文章(会話)をするために、重要だということを学びました。

ここで、あるまとまった文脈をもつ文の集まりを文章と呼ぶことにします。集合ですから、いろいろな大きさというか単位に区分し、まとめあげることができます。
「段落」という単位、それが集まってつくる「節」「章」というような単位、さらに大きな単位としては「作品全体」があります。
それらの単位には、意味的なまとまりがあり、それを文脈とか連関性(context)と呼びます。
ここで、テクスト: text とは編まれたもの、織り上げられたものという意味で、いくつかの言葉が編まれててでき上がった、1つの意味構造をもつ言葉の集合単位です。そして con とは、「結合し、組み合わされ、関連した」という意味を持つラテン語由来の接頭辞です。
文脈とはそういうものです。構築された意味連関ということです。
そして逆に、1つの文はさらに小さないくつかの部品=部分に分割できます。

◆文章のなかの部品どうしの関係を考える◆

ここで、2つの部分の関係を分析してみましょう。
《例文》
① 風がそよぎ、雲が流れる。

この文は、
「風がそよぐ。=A」と
「雲が流れる。=B」
という2つの文(つまり、2組の主語=述語の関係)をつなげたものです。

A、B2つの部分は、文脈上、つまり意味の関係を分析しますと、
AとBとは「対等並列」「並立」の関係、つまり同じ重みのものとして並んでいます。したがって、AとBとを入れ換えても成り立ちますし、意味は変わりません。
これを、文法上は「並列」ないし「並立」といいます。

ここで、AとBをそれぞれ独立の文として完結させたままにして、AとBとのあいだに「つなぎことば」=接続詞を挿入して、もとの文と同じ関係の文章にしてみましょう。

「風がそよぐ。[   ] 雲が流れる。

[ ]に入る接続詞は、「そして」「また」です。例文に入れるには不適切ですが、同じ意味合いの「連結関係」を示す接続詞に、「および」「ならびに」があります。

次の例にいきます。

② 学生たちは駅に急いだが、電車には間に合わなかった。

この文を2つに分けると、
「学生たちは駅に急いだ。=A」と
「電車には間に合わなかった。=B」
になります。 ただし、Bでは、「学生たちは」という主語は省略されていますので、表記の上では、述語だけの文です。
変則的な文ですが、主語が何かはすぐに理解できるために、許される省略です。
文法的には、省略された主語を意識しておきます。
AとBとのあいだに入る接続詞は、「けれども」「しかし」「ところが」「だが」などです。
AとBとの関係は、「対立」ないし「反対」という連結関係です。これを「逆接」と」いいます。ここではAとBとの入れ換えはできません。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

3つめの例にいきます。

③ 風が吹き、旗竿が揺れた。

2つの文にすると、
「風が吹いた。=A」と
「旗竿が揺れた。=B」
となります。
AはBの原因・理由を説目しています。風が吹いた[ から ]、旗竿が揺れた のです。
この2つを連結する接続詞は、「だから」「そのため」「ゆえに」などです。この関係を「順接」と呼び、文脈上は「当然の原因・結果」つまり「順当な因果関係」を表す関係です。
同じ意味合いの接続詞には、「したがって」「それゆえ」などがあります。
ところが、この反対向きの連結関係を示すものもあります。

③´ 旗竿が揺れた。[なぜなら]、風が吹いたからだ。

ここでは、「なぜなら」という接続詞が使われています。これは、前に結果や結論を示す文があって、次にその原因や理由を説明する文がつながっていく関係です。
これを、「原因提示」とか「理由説明」といいます。

このほかのものも含めて、接続詞としては、
◎ さらに・しかも・そのうえ …(連結関係:追加、添加、累加)
◎ ところで・さて      …(    :話題の転換)
◎ それから・すると     …(    :前後、順次関係)
◎ つまり          …(    :要約、集約)
◎ たとえば         …(    :例示)
◎ なぜなら         …(    :原因提示、理由説明)
などがあります。
ただし、「ところで」「つまり」「たとえば」については、辞典や文法書によっては、「副詞」として区分するものもあります。

このようにして、文脈における部品の間の連関・関係性を分析し、文章や文脈の組み立てを考察する訓練をしましょう
接続語を使いこなすということは、自分が記述する文章、文脈が、どのような流れや組み立てで、展開し、動いていくのかをイメイジする力を身につけるということでもあります。
文章の設計図や見取り図を描く技術を磨くということです。

新聞の記事や小説の任意の文章を抜き出して、文と文、部分と部分のあいだに「接続語」を入れる練習をしてみましょう。次回は、英語で考えます。

posted by 田舎おやじ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 修飾語を使いこなす | 更新情報をチェックする

ウェブデザインの文法 ITの言葉

ウェブデザインのタグ・プログラムの書法は、英語をもとにした記号の体系にしたがっているということでした。
ということは、英語という言語の論理体系にもとづいているというわけです。
そうすると、ウェブデザインの内容・設計を記述するHTMLやXML、CSSを学ぶことから、英語の仕組みや論理を理解していくこともできるわけです。
ここで、HTMLは「HyperText Markup Language :ハイパーテクスト マークアップ ラングイジ」でした。「ハイパー(ヒューペル)」とは、ラテン語の「スーパー(スューペル)」とほぼ同じ意味のギリシア語です。「超」です。
XMLとは「Extensible Markup Language :エクステンシブル マークアップ ラングイジ」です。そして、CSSとは「Cascading Style Sheet :カスケイディング スタイル シート」のことです。

◆マークアップ言語◆

マークアップ・ラングイジ(標識言語)とは、デイジタルなサイバー空間で情報の意味内容や構造を組み立てるための言語です。ITの内容として、文字文書とか表や図などの内容を入力し、意味や構造(組み立て)、見た目の形状を設計する言葉(記号)です。

そういうITの内容=コンテンツは、私たちの日常生活のなかで用いられている言葉=言語とか、思考方法、推論や対話の論理・約束事を、そっくりそのまま反映したものです。
したがって、人類の言語の共通の約束事、とりわけ英語の文法や論理が、そのまま持ち込まれているのです。
ただし、これらの言語は独特のフィルター(約束事)をつうじて特殊な映し鏡に写された言語=記号体系ですから、その約束事を知らなければ理解できないわけです。私も、ほんのごく微小な部分を齧り取って理解したつもりになっているだけです。

私は60歳が目前に迫っている田舎おやじです。パソコンが普及してきたのは、30代の後半、それも40歳近くになってからです。
しかも、IT関係の仕事をしていたわけでもありません。
ほとんど独習で見よう見まねで対処してきただけです。
今書いていることも、もがいて四苦八苦しながら、どうにか「理解したと思い込んでいる」だけのものです。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

◆IT言語も外国語のひとつ◆

ただ、普通の人たちと異なるのは、私はITの書法言語を「外国語や記号論理学の学習」だと思って、実践よりも、なぜ、いかにして、そうなるかという推論や認識方法の訓練として齧ってきたということです。
英語の勉強にも役立ちました。その経験を語るだけのことで、ITの専門家の話に比べれば、かなり焦点がズレているかもしれません。
あくまで、英語(外国語)の学習に役立てるという視点で語るだけです。

さて、XMLとは、ウェブデザインと同じように「タグ」を使って、IT空間に文章や図表、画像を入力し意味づけ、仕組みや組み立て(構造という)を設計し、見た目の形状を指定するための言葉=記号です。
非常に幅広くて奥が深い用法や意味を備えているので、エクステンシブル(拡張した内容、広がりを持つことができる)という形容詞がつけられているのです。

世界中でITの技術とコンテンツが発達してきたため、ことにウェブのコンテンツが発展してきたため、世界的規模で共通の膨大な「知のネットワーク」をつくるために、HTMLという言語をXMLというより基礎的で包括的な言語の規則によって記述してみようということになりました。
その結果、生み出された言語がXHTML、つまりExtensible HyperText Markup Language なのです。
そして、かつてはHTMLで記述されていたウェブコンテンツをXMLの規則を取り入れたXHTMLという言語で書き直すということになりました。いわば新しい世代のウェブデザイン言語です。

またCSSとは、滝の水しぶき(カスケイド)のようにHTMLやXHTMLの文書に降り注いで、見ばえ、見た目の表示スタイルを整える指示書(外形デザインシート)のことです。

◆記号論理の体系としての言語◆

そういう記号論理のシステムによって記述され、意味づけられ、組み立てられた言語で、IT世界の知的内容が築き上げられ、相互交換されるのです。

ウェブログ(ブログ)は、この新世代の言語で記述されることになりました。
さてここで、ログとはもともと logue のことで、「論理をともなう言葉、言葉のやり取り」のことで「対話」を意味する「ダイアローグ: dialogue」とか「序言」を意味する「プロローグ: prologue」とか、「独言」を意味する「モノローグ: monologue」のローグと同じ意味です。
 dia とは「二者の」、 pro とは「前もっての」、 mono とは「単独者の」という意味のラテン語です。
ログは、もともとは、ロジカルな言葉、つまり論理的な意味連関(筋道)を備えた言葉、または思考の論理というような意味です。
ウェブとは Web または woven net ( woven は weaveの過去分子)で、クモの巣網を意味します。英語で b と v との発音上の取り違えが起きてできた言葉です。ネイティヴの発音と言っても、そんな程度のものなのです。

そこで、ウェブログとは、クモの巣状のネットワークで結ばれたサイバーでの知的論理の交換、やり取りを意味します。ウェブログ=ブログも、ただ単に「日記」や「日誌」というようなシロモノではありません。

サイバーとはギリシア語の「キューバー(kyuber / cyber)」がラテン語に転換され、さらにそれを英語読みしたもので、中枢神経とか脳神経体系⇒頭脳を意味します。ドイツ語では、もともとのギリシア語の発音を生かして「キューバー」です。

posted by 田舎おやじ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブデザインの文法 | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

ウェブデザインは英語で

英語が使えると、コンピュータのプログラミングやアプリケイションを学ぶことも、かなり容易になります。
というのは、ITテクノロジーはイギリスやアメリカで開発され、洗練されてきたからです。つまり、ディジタル・プロセッシングのプロトコル言語は英語だからです。

私はコンピュータには疎い方ですが、ウェブデザインが趣味です。
ウェブデザインは、HTMLという言語、「ハイパーテクスト マークアップ ラングイジ」という言語の書法=文法を使います。ハイパーテクストとは、インターネットで表記・交信するための「超言語」という意味です。

ウェブデザインの基礎を学んだとき、私は英語が使えるので、普通の日本人よりはずっと楽に学習できました。
ウェブデザインのタグ(プログラムの語法)は英語で記述されます。もちろん、簡略化され記号化されているのですが。
それでも、英語の意味がわかれば、どういう言葉が簡略化=記号化されているかが容易に理解できるからです。
それで、ブログをつくるにしても、ホームページをつくるにしても、英語が理解できると、記号化された英語によるタグ(タグは「荷札」という意味)の記述もいち早く覚えられます。
そして、ウェブデザインをすることで、さらに英語への親近感も深まり、頭のなかに英語の感覚や思考回路を日常的に組み込むことになります。

◆ソース : プログラムの原文記述◆

ためしに、このペイジを出してから、パソコン画面のツールバーの「表示」を広げて「ソース」をクリックしてみてください。ソースとは source で、「素材となる記述プログラムの原文」という意味です。
すると、このブログがどういうプログラミングで設計され、表示されているかを示すタグ群が表示されます。
そのうち、私がタグを使って設計しているのは、全体のせいぜい0.1%くらいしかないことがわかるでしょう。ほとんどは、シーサーの設計で、単にページの内容部分だけ、私が入力・記述しているにすぎません。
それでも、このペイジの見ばえは、完全に私が管理することができます。本分にある広告の表示方法も、一定の約束事の範囲で私がかなり自由に選択しています。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

◆パラグラフの<p>◆

たとえば、このペイジの本分の行間(行の高さ)は、文字が1に対して隙間が1、文字列2行分で1行を送るように設定してあります。
こういう場合に使うタグが<p>(そのブロックの終わりは</p>というタグ)です。
ただし、この説明では、ブログ記述ソースのタグと分別するために、英語部分も「全角文字」(アキも含めて)で表記しています。だから、HTMLソースでは実際には、タグは半角文字で記述されています。
この p は、英語で「段落」 paragraph を意味し、そのの頭文字の p を使っています。
そして、「行送り=行の高さ」は、<p style=”line-height: 2em; ”>〇〇〇<p>という風に設定します。〇〇〇は日本語の部分です。

このタグ部分は、演算式です。
意味は、《pを設定、そのスタイルは=” ”のなかに設定した通り》ということで、具体的には、《pのスタイルでは、ラインの高さは文字の2倍と設定する》という意味の等式になっています。

◆スタイルシート◆

「=” ~; ”」の表記は、「スタイルシート」というデザイン・プログラムの書法(書き方)の約束事にしたがっています。
つまり、=のあとに ” で囲んで「設定したい属性(プロパティ):[半角アキ] 設定したい値」を入れます。 : セミコロンは、「すなわち~とする」という意味合いです。
そのさい、属性の「ライン-ハイト」の「ライン」は「行」、「ハイト」は「高さ」(文字とアキとの合計の幅)を意味します。
スタイルシートでは、このように「行の高さ」という場合、行 line と height とをハイフン - でつなぎます。

そこで、この段落の背景の色を設定したい場合には、たとえば、 background-color: #ccff66;” を加えて設定します。
; は、「属性の設定が1つ終わった」という意味(完了詞)と、「さらに続けると」という接続詞の意味の両方を持っています。
しかし、これだけでは、段落の□(範囲)部分の境界と文字とが接してしまいます。
そこで、 padding: 12px; を後ろに付け加えます。px は「ピクセル」という画面表示の大きさの単位です。パディングは「詰め物」つまり「内側の余裕」という意味です。

すると、
<p style=” line-height: 2em; background-color: #ccee66; padding :12px; ”> となります。
これで、「段落の外側の境界から12ピクセル内側に段落文字が配置され、行送りは2字文の高さ」に段落を設計する、という意味合いのタグ=プログラムになるのです。

このタグでデザイン(プログラム)した部分が、上の黄緑色の背景のパラグラフです。
<p>のように、段落などの「ひとかたまり」の部品のことをウェブデザインでは「ブロック要素」と呼びます。

IT技術を学習したい人には、英語は最低限度の必要な素養です。

posted by 田舎おやじ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい学び方(遊び) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。