2013年02月14日

《文の骨格(本体)》 と 《飾りの部品》

さて、前回「文の型」の記事で、①の文型の例文
 The ice is a status of (the) water.
について考えてみましょう。
英語の世界の頭の使い方というか、論理は、私はこうだと思うのです。
「氷というものはね、1つの状態なんだよね」「水というもののね」。
「氷は状態である。水の」ということです。
いわば物理的に組み立てられている英語の世界では、意味を前の方からどんどん受け取っていくのです。
そのために、本質的に重要な語を前にもっていき、それを飾ったり補ったりして付加的に説明する語は、「できるだけ」あとまわしにする。ということです(「できるだけ」というのは、status の前に a がついているからです)。
したがって、英語での読書や会話では、文や相手の言葉を前から順に追いかけて理解し、意味の文脈を組み立てていくことが大事です。「翻訳」のために意味を後ろから受け取っていくと、混乱してしまいます。
必ず前から順に追いかけてください。そこで、そういう頭の働き、論理の組み立て方、追いかけ方を学び慣れなければなりません。

で、ここでは、ice is a status の部分を文の骨格と呼びましょう。
もっと切り縮めると、文の本質は ice status の2つだけです。とはいえ、文脈を完成させるためには、water を足して、 ice status water の3つは必要です。が文法的には、2つだけで成り立ちます。会話では、それで通じます。
英語圏では、たぶん、言葉を覚えたての幼子たちは、そんな風に話し始めるのでしょう。
さて、ここで、ステイタス=状態という語を付加的に説明している語について見てみましょう。付加的に説明して飾る(詳しくする)言葉を、「修飾語(飾り言葉)」といいます。これは日本語と同じです。

連体修飾語.png

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

日本語では、「水の1つの」が「状態」を修飾して説明し、意味を詳しくしているのです。状態は名詞つまり体言ですから、名詞を飾る言葉を「連体修飾語」と呼びます。体言に連接して(つながって)修飾する語だからです。
英語でもまったく同じです。
それで、a, the, small, beautifulなど、数や状態を表す冠詞や形容詞が1つだけの場合は、本体の名詞の前につきます。ところが、of the water のように2つ以上の語がつく場合には後ろに来ます。
さらにここでは、必ず後ろに着く前置詞 of がありますから、さらにさらにです。
ただし、very という形容詞を前から飾る副詞がつく場合は、a very beautiful girl というように名詞の前につきます。

ところが、「庭園のなかを歩いている1人の少年」という場合には、
a boy walking in the garden というように、後ろ側に回ります。ここで walk は ing の形、現在進行形の意味を持つ「現在分詞」で、形容詞(分詞形容詞)となっています。これは、のちに詳しく説明します。
この語句を使って文をつくると、たとえば
 A boy walking in the garden is my nephew.
 庭園を歩いている少年は、私の甥です。という意味です。
英語的な意味の取り方を説明します。

一人の少年 歩いている 庭のなかを (あ! ここで is が来た。ということは、その前までが「主語のかたまり」なんだ!) 私の 甥・・・です、という風になりましょうか。
ここで、ちょっと難しい課題を出します。
今、頭から意味を受け取っていった順序で、頭のなかにシーン(イラストや漫画でもよい)を思い浮かべてみてください。整った日本語にする前に、画像としてイメージするのです。教材やスクールで学んだときに、短い文章では、日本語を完成させる前にイメージを描くようにしていく訓練をしてみましょう。

【関連する記事】
posted by 田舎おやじ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語を学ぶ方法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。