2013年02月18日

ネイティヴ・コンプレクスを捨てよう その1

日本での英会話・英語教育(教材やスクールなど)の宣伝では、「ネイティヴな英語を習得できる」「ネイティヴが指導します」というキャッチコピーが「売り」になっています。いや、幅を利かせています。
この場合、ネイティヴ(native)とは、英語の「本場」とか「現地」、あるいは「生まれながらに英語を習得した人びと」を意味しているようです。

ネイティヴを売りにしているのは、そういう場所・社会・人びとの「本格的な発音、語法、会話スタイル」を学ぶことができる、というアピールなのでしょう。
しかし、たぶん、そんなマーケティングが幅をきかせているのは、日本だけではないでしょうか。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

不思議な国、日本

日本という国は不思議なところです。
語学としての英語が小学校から大学まで教育されるのに、それとは別系統に「英会話教育(英会話学校)」が林立する奇妙な状況。
つまりは、学校教育での英語学習が、実践的・実務的にはほとんど役に立っていない、という事情の裏返しとうことでしょうか。
同じ様な教育課程で、フィリピンやインドでは、英語が公用語となっていて、大半の人が英語を読み書きでき会話できるのに。「先進国」を自任している日本が、こんな状況なんて、何か変ですねえ。

そして、語学教育なのに、英語による思考や論理の組み立て、発想、表現=プレゼンテイションなどを学ばせない学校制度についても、奇妙さを感じます。
つまりは、一番大事な事柄がすっぽり抜け落ちているのが、「公教育の英語」なのではないでしょうか。
そこに、ネイティヴ・コンプレクスの一番大きな原因がありそうです。
原因をたどっていくと、おそらく文部省・文部科学省の教育体制・政策の深刻な問題に行き着きそうです。が、ここでは問いません。

ここでは、ネイティヴ・コンプレクスが、まったく根拠をもたない共同幻想にすぎないということを検証していこうと考えています。

言語には訛りや方言がつきもの

ここで強調したいことは、
英語は世界的スケイルの「国際語」になってしまっている。
だから、日本国内で日本語がそうであるように、世界各地方でそれぞれに方言や訛り、言い回しの違いがものすごくたくさんある。
だから、誰もが地方ごとの方言や訛りを話している。
したがって、ネイティヴとか「本場」とかのレッテルはつけようもない。
ということです。
言い換えれば、自分の発音に向上心というもの以上にコンプレクスを感じたり、卑屈になったりする必要はないということです。和式発音大いに結構!。
今の時代、英語圏のまともな人、普通の人は、コミュニケイションの場で、そんなことで人を見下すようなことはしません。



posted by 田舎おやじ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ネイティヴ」コンプレクス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。