2013年02月28日

修飾語の仕組み その3

では、最後の例文を考えてみましょう。
⑤ 今日は、暖かかったのでコートを脱いだ。

この文でも(文の本体の)主語が省かれています。一応、主語を「私は」とでもしておきましょう。
文の骨格を見ると、「(私は)脱いだ」ということになります。

「コートを」は、「脱いだ」を修飾していて、何を脱いだのかを説明しています。
そして、「今日は、暖かかったので」という部分は、ここだけで主語・述語の関係が成り立っているように見えます。これだけで、文として成り立つわけです。
ところが、この部分は「コートを脱いだ」という動作の理由を説明している修飾語です。動作の理由を説明しているということで、副詞的なはたらきをしています。
そのさい、原因や理由を示すはたらきをする「ので」という助詞が重要です。「言葉をつなぐ」はたらきをしているので、接続助詞(つなぎ言葉)と呼びます。
「今日は、暖かかった」という文と「(私は)コートを脱いだ」という文を結合しているのです。
「理由⇒結果」という関係で結びつけているのです。

では、英文に直して見ましょう。
まず「今日は、暖かかった」の部分は、
 it's warm today  となります。ここで、it's は it was の短縮形です。
気候や天候を表す it が、文法上の主語になります。意味上の主語は today です。
物理的に考えると、「今日」という「日にち」そのものが暖かいのではなく、気温・気候が暖かいということで、こういう約束になるのです。日本語でも同じ仕組みです。

次に「(私は)コートを脱いだ」の部分は、
 I put off my coat となります。
「自分の」コートを脱いだわけですから、my を忘れずに。そして、 put は過去形です。

接続詞の使い方

では、この2つの文を結びつけることになります。日本語の「ので」にあたる部分です。
2つ(複数の)文をつなげる意味とはたらきを持つので、日本語の文法で「接続助詞」と呼ばれます。
英語では「接続詞」を使います。
英語の接続詞には、たとえば「そして、および:and 」「しかし:but, however 」「だから、なぜならば、 ~という理由で:because, for, as 」「にもかかわらず:though, however 」「そこで、したがって、というわけで:therefore 」などがあります。
で、ここでは理由を示す because, for, as を使うことになります。どれを使ってもOKですが、あまり大げさにならないように as を使いましょうか。

ここで問題は、 as を it's warm today と I put off my coat のどちらにつけるか、ということです。
それは、日本語とまったく同じです。理由を表している文につけます。ただし、その部分の先頭につけます。
すると、
 As it's warm today, I put off my coat.
または、 I put off my coat, as it's warm today.  となります。
このように、as をつける位置さえ間違えなければ、どちらの部分を前に持ってきても構いません。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

接続語(つなぎ言葉)

日本語では言葉と言葉、文と文を結びつけるはたらきをする言葉には、「接続助詞」と「接続詞」の2つがあります。
接続詞は自立語で、それだけで独立した意味のまとまりを持ちます。
「しがたって」「だから」「ゆえに」「しかし」「だが」「けれども」「または」「そのうえ」「さらに」などがあります。
これらは接続助詞と同じように、言葉と言葉との「接続関係」、言い換えれば論理的な関連性(論理的連関)を意味・表示します。文の流れや組み立て、筋道を正確に表現するうえで、大事な言葉です。

posted by 田舎おやじ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 修飾語を使いこなす | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。