2013年03月20日

英語の聞き取りの練習方法

日本語の言語世界で生まれ成長した私たちにとって、英語の聞き取りはむずかしいものです。
難しさの最大の原因は、文法が理解できていないことにあります。しかも、文法は、かなりの数の単語や熟語、慣用句などの綴りや意味、用法などの記憶・理解のうえに成り立っているのです。
要するに、個々の単語にしても、文の構造や文章にしても、意味と文脈が理解できないからです。

しかし、このことは、半ば以上に自動化された脳の反応の仕組みの問題です。ですから、英語を学ぶ人自身には、「なぜできないのか」がわかりません。とにかく、むずかしい、理解できないというわけです。

◆文法情報は自分の頭のなかにある!◆

人間の脳は不思議なもので、子どもの頃から覚えてきた言葉の法則や用法を、そこそこ論理的に整理して組み立てているのです。
日常会話のとき、じつは私たちの脳は、文法や単語、会話規則についてのデイタベイスとやり取りして言葉を発し、相手の言葉を理解しているのです。
そのプログラムは自動化されていて、私たちが意識することはありません。日本語については、頭のなかに相当に豊かな情報=デイタベイスがあるのに、それを自覚的・意識的に使うことはないのです。
とはいえ、意識的にデイタベイスを利用するように訓練することはできます。

このことのために、私のアドヴァイスは「日本語をきちんと正確に話すこと」「日本語の文法を理解すること」「自分が話そうとする文を、文法的に分析してみること」を最重要の課題としているのです。
私たちは、日本語の世界で生まれ育ったので、英語の文法や語法・書法を自動的反応にするように身につけることがないうちに大人になってしまいました。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

◆理解の糸口は文法、そして文法は最高の武器◆

しかし、日本語については自動化された理解システムが頭のなかに仕込まれているはずです。デイタベイス化され、自動判別回路ができているのです。
それを徹底的に利用するために日本語を学び直して、英語文法との連結の回路を組み立てて、文法上、語法上、日本語と英語とをリンクさせようという狙いなのです。

はっきり言って、文法を理解しない人、理解しようとしない人は、どれほど英会話の学習をしても、ほとんどまったく無駄です。

◆聞き取りの基礎は話すこと◆

幼児が言葉を覚えていく過程をみると、「自分で声を出すこと」「自分の声を周りの人の言葉に似せること」「片言を口にすること」から始めています。たぶん、生きるために「自分の欲求を相手に伝達すること」が最優先されるからではないでしょうか。
そして、幼児は自分が話せる言葉能力よりも高度なことは、やはり意味を理解するという意味では「聞き取ること」ができないようです。
してみれば、とにかく話すこと、自分の気持ちや要望を発信することが、聞き取り能力の学習の出発点になっているようです。
というよりも、「生き残るために」自分のメッセイジをまず相手に伝える、そのために今度は相手の言葉を理解する、という仕組みというかプロセスなのでしょう。

そうなると、聞き取りの訓練のために「自発的に話すこと」「話すための言葉の準備」がまず必要になります。
したがって、聞き取り練習では、相手の話題の文(教材テクストの文)の文法上の構造をできるだけ理解し、すべての単語や熟語、慣用句について理解して、自分で会話に使えるところまで習熟(予習)しておくことが不可欠です。
聞き取りでの「落ちこぼれ」「脱落」の大半以上が、このことを踏まえていないで、甘い準備(予習)しかしていないことが原因で発生するようです。日々の地道な準備が、1年後の大きな成果に結びつくはずです。

ヒアリング練習では、はじめのうちは、事前に読んで学び、自分で十分理解し理解した文を聞き取ることから始めましょう。そういう文をできるだけ増やして経験を積むことで、達成感(つまり理解のデイタベイス)を感じることができ、新たな努力目標が生まれてくるでしょう。

【関連する記事】
posted by 田舎おやじ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞き取りと会話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。