2013年03月31日

因果関係を表す

接続詞の働きと用法の3つ目の例文を考えてみます。
③ 風が吹き、旗竿が揺れた。
 The wind blew and the flag pole swayed.
「揺れる」は、ほかに shake(shook) roll swing(swung) など、どれでもいいです。
ここで and には、「その結果」「しかるに」「そのため」という因果関係を示すニュアンスがあります。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

次に、「風が吹き」という部分と「旗竿が揺れた」という部分との関係を明白にして、この文の構造がわかりやすい文にしてみます。
日本語では、
風が吹いたので、旗竿が揺れた。
となります。「ので」は順接の接続助詞です。同じ働きの接続助詞には、ほかに「から」「ため」などがあります。

さて、(そのうしろに)原因や理由を説明する節や句を導く接続詞としては、 for since because as などがあります。ここでは、 for を使ってみます。
 For the wind blew, the flag pole swayed.
 The flag pole swayed, for the wind blew. と、前の節と後ろの節を入れ換えてもOK。
原因・理由とその当然の結果・結論の関係を示す接続詞で、「順接」という用法です。「順」とは「順当な」つまり「当然の帰結」という意味合いです。

この英文は、「旗竿が揺れたのは、風が吹いたからだ」とも和訳できます。
この日本語では、はじめに結果(結論)が来て、あとに原因(理由)の説明が来ます。しかし、因果関係はまったく同じですから、同じ構造と意味合いの文になるのです。
その意味では、日本語の方が英語よりも表現がちょっぴり多様(豊富)だといえます。

 

ところで、文法上、英語では接続詞( for since because )を使った文は「複文」になり、接続詞がついた節は従属的な役割となります。ここでは、中心となる節につながって、理由や原因を説明する働きをします
そういう構文を意識して文をつくり話す習慣をつけましょう。
もちろん、文法上はそうなのですが、会話のなかで相手に理由や原因をより強く訴えたいと思うときには、抑揚として(とくに接続詞を)より強く発音すればいいのです。

文法=構文上の中心(主節・独立節)がどれか、従属説は(理由や程度や度合い、付帯状況などの)何を説明しているのかを強く意識して話す(書く)習慣をつけると、聞き取りのときにも、相手の話の文脈を構造的に理解する能力が身につきます。
その訓練のために、英語で日記を書くのもいいでしょう。文法的に間違っていても、かまいません。とにかく、思いついたことを表現することが何より重要です。



posted by 田舎おやじ at 10:19| Comment(0) | 接続詞を考える | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。