2013年03月01日

ウェブデザインは英語で

英語が使えると、コンピュータのプログラミングやアプリケイションを学ぶことも、かなり容易になります。
というのは、ITテクノロジーはイギリスやアメリカで開発され、洗練されてきたからです。つまり、ディジタル・プロセッシングのプロトコル言語は英語だからです。

私はコンピュータには疎い方ですが、ウェブデザインが趣味です。
ウェブデザインは、HTMLという言語、「ハイパーテクスト マークアップ ラングイジ」という言語の書法=文法を使います。ハイパーテクストとは、インターネットで表記・交信するための「超言語」という意味です。

ウェブデザインの基礎を学んだとき、私は英語が使えるので、普通の日本人よりはずっと楽に学習できました。
ウェブデザインのタグ(プログラムの語法)は英語で記述されます。もちろん、簡略化され記号化されているのですが。
それでも、英語の意味がわかれば、どういう言葉が簡略化=記号化されているかが容易に理解できるからです。
それで、ブログをつくるにしても、ホームページをつくるにしても、英語が理解できると、記号化された英語によるタグ(タグは「荷札」という意味)の記述もいち早く覚えられます。
そして、ウェブデザインをすることで、さらに英語への親近感も深まり、頭のなかに英語の感覚や思考回路を日常的に組み込むことになります。

◆ソース : プログラムの原文記述◆

ためしに、このペイジを出してから、パソコン画面のツールバーの「表示」を広げて「ソース」をクリックしてみてください。ソースとは source で、「素材となる記述プログラムの原文」という意味です。
すると、このブログがどういうプログラミングで設計され、表示されているかを示すタグ群が表示されます。
そのうち、私がタグを使って設計しているのは、全体のせいぜい0.1%くらいしかないことがわかるでしょう。ほとんどは、シーサーの設計で、単にページの内容部分だけ、私が入力・記述しているにすぎません。
それでも、このペイジの見ばえは、完全に私が管理することができます。本分にある広告の表示方法も、一定の約束事の範囲で私がかなり自由に選択しています。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

◆パラグラフの<p>◆

たとえば、このペイジの本分の行間(行の高さ)は、文字が1に対して隙間が1、文字列2行分で1行を送るように設定してあります。
こういう場合に使うタグが<p>(そのブロックの終わりは</p>というタグ)です。
ただし、この説明では、ブログ記述ソースのタグと分別するために、英語部分も「全角文字」(アキも含めて)で表記しています。だから、HTMLソースでは実際には、タグは半角文字で記述されています。
この p は、英語で「段落」 paragraph を意味し、そのの頭文字の p を使っています。
そして、「行送り=行の高さ」は、<p style=”line-height: 2em; ”>〇〇〇<p>という風に設定します。〇〇〇は日本語の部分です。

このタグ部分は、演算式です。
意味は、《pを設定、そのスタイルは=” ”のなかに設定した通り》ということで、具体的には、《pのスタイルでは、ラインの高さは文字の2倍と設定する》という意味の等式になっています。

◆スタイルシート◆

「=” ~; ”」の表記は、「スタイルシート」というデザイン・プログラムの書法(書き方)の約束事にしたがっています。
つまり、=のあとに ” で囲んで「設定したい属性(プロパティ):[半角アキ] 設定したい値」を入れます。 : セミコロンは、「すなわち~とする」という意味合いです。
そのさい、属性の「ライン-ハイト」の「ライン」は「行」、「ハイト」は「高さ」(文字とアキとの合計の幅)を意味します。
スタイルシートでは、このように「行の高さ」という場合、行 line と height とをハイフン - でつなぎます。

そこで、この段落の背景の色を設定したい場合には、たとえば、 background-color: #ccff66;” を加えて設定します。
; は、「属性の設定が1つ終わった」という意味(完了詞)と、「さらに続けると」という接続詞の意味の両方を持っています。
しかし、これだけでは、段落の□(範囲)部分の境界と文字とが接してしまいます。
そこで、 padding: 12px; を後ろに付け加えます。px は「ピクセル」という画面表示の大きさの単位です。パディングは「詰め物」つまり「内側の余裕」という意味です。

すると、
<p style=” line-height: 2em; background-color: #ccee66; padding :12px; ”> となります。
これで、「段落の外側の境界から12ピクセル内側に段落文字が配置され、行送りは2字文の高さ」に段落を設計する、という意味合いのタグ=プログラムになるのです。

このタグでデザイン(プログラム)した部分が、上の黄緑色の背景のパラグラフです。
<p>のように、段落などの「ひとかたまり」の部品のことをウェブデザインでは「ブロック要素」と呼びます。

IT技術を学習したい人には、英語は最低限度の必要な素養です。

posted by 田舎おやじ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい学び方(遊び) | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

映画や音楽を楽しむ

これまで、堅い話ばかり続いたので、少し肩の力を抜いて、楽しい学習法を考えていきましょう。
前に、1日1時間程度は英語にひたる時間を設けてほしいと書きました。
でも、楽しくないと毎日は続きません。
そこで、これまでの私の経験やほかの人の経験(失敗談や成功談など)から、参考になるやり方を紹介しましょう。

英語版映画を観る

まず、映画(洋画)を観るのが楽しい、趣味としているという人向けのもの。
もちろん、英語が台詞として使われている作品を観るということです。
映画館に行って耳を研ぎ澄ませて画面を観て、かつ音声も聴き取るという方法もあります。が、これは、かなりの上級者向けのやり方です。

おススメなのは、DVDを買ったり借りたり(手元にすでにあるものが一番安上がり)して、映画作品を観るというやり方です。
そこで、英語のせりふの日本語字幕を観て、この台詞や会話(文)はいいなあ、覚えてみたいというところを探すよう集中して観てください。何か所でもいいですが、はじめは1つか2つでいいでしょう。慣れたら、だんだん増やしていきましょう。

で、学び方ですが、これができるのは、英語字幕(サブタイトル)がついているDVDだけです。最近の作品は、ほとんどついていますが。
字幕(サブタイトル)表示を、学びたい場面に来たら、英語字幕にします。すると、画面の下(や横)に英語字幕が出ます。
そこで、静止画面にして英文を読んで覚えてください。全部でなくても、1文でいいでしょう。あるいは、書き写して、単語・熟語の意味や文法などを調べて覚えます。

まあだいたい覚えたかな、というところで、画面を動かします(自信がなければスローモーションで)。
で、今度は、耳で英文(会話)を聴き取る段階です。短い文を聞き分けることができて、覚えるまで、何度も聴いてください。
これをやるためには、アクションなどで俗語頻出の「ブロークン・イングリッシュばかり」という作品はダメです。ある程度は落ち着いた話し方のものです。
ただし、アメリカを舞台とする作品でも地方ごとに方言(発音の違い)や訛り、言い回しなどがあります。自分で「こういう英語がきれいだな」と思う作品を選んでください。もっとも、日本向けヴァージョンの英語音声データは、だいたい、ニュウヨークやカリフォーニアなどの「標準英語」になっています。
最後は、映画を真似して話して(発音して)みます。あるいは、自分で理想だと思う発音でいいですから。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

英語版音楽を聴く

次は音楽鑑賞を楽しみながら、という方法です。
今度はレンタルではなく買った洋楽(英語歌詞の日本版)がいいです。英語と邦訳の歌詞カードがついているからです。もちろん、あまり訛りや方言が少ないと思うもの(もちろん、好きなら何でもいいです)。
これも、歌詞で好きなところ、覚えてみたいところを選んで、歌詞カード(冊子)を見ながら音楽を聴きます。覚えたい部分を何度も聴いて、自分で歌ってみましょう。

私の知り合いには、好きな曲については、英語の歌詞をだいたい覚えたら自分で翻訳したいと思いついて、やってみたという人がいました。そのアーティストについてのイメイジをこめて訳したそうです。自分なりの訳には、今でも愛着があると言っています。
歌は、ポップスはテンポが速いので、聴き取るのがかなり大変( a とか the、 of などは聞こえないくらいに発音している)ですが、好きな曲なら我慢できるでしょう(いや、しましょう!)。早口の英語を聴き取る訓練になります。

私のおススメ作品をあげておきます。
《映画》
「評決」
「小説家を見つけたら」
「炎のランナー」(これはブリテンのクイーンズ・イングリッシュが多い)
《音楽》
カーペンターズ「トップ オヴ ザ ワールド」
サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」
ブラザーズ・フォア「グリーンフィールズ」
ピーター、ポール&マリー「パフ」「朝の雨」
パーシー・スレッジ「男が女を愛するとき」

posted by 田舎おやじ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい学び方(遊び) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。