2013年02月18日

ネイティヴ・コンプレクスを捨てよう その1

日本での英会話・英語教育(教材やスクールなど)の宣伝では、「ネイティヴな英語を習得できる」「ネイティヴが指導します」というキャッチコピーが「売り」になっています。いや、幅を利かせています。
この場合、ネイティヴ(native)とは、英語の「本場」とか「現地」、あるいは「生まれながらに英語を習得した人びと」を意味しているようです。

ネイティヴを売りにしているのは、そういう場所・社会・人びとの「本格的な発音、語法、会話スタイル」を学ぶことができる、というアピールなのでしょう。
しかし、たぶん、そんなマーケティングが幅をきかせているのは、日本だけではないでしょうか。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

不思議な国、日本

日本という国は不思議なところです。
語学としての英語が小学校から大学まで教育されるのに、それとは別系統に「英会話教育(英会話学校)」が林立する奇妙な状況。
つまりは、学校教育での英語学習が、実践的・実務的にはほとんど役に立っていない、という事情の裏返しとうことでしょうか。
同じ様な教育課程で、フィリピンやインドでは、英語が公用語となっていて、大半の人が英語を読み書きでき会話できるのに。「先進国」を自任している日本が、こんな状況なんて、何か変ですねえ。

そして、語学教育なのに、英語による思考や論理の組み立て、発想、表現=プレゼンテイションなどを学ばせない学校制度についても、奇妙さを感じます。
つまりは、一番大事な事柄がすっぽり抜け落ちているのが、「公教育の英語」なのではないでしょうか。
そこに、ネイティヴ・コンプレクスの一番大きな原因がありそうです。
原因をたどっていくと、おそらく文部省・文部科学省の教育体制・政策の深刻な問題に行き着きそうです。が、ここでは問いません。

ここでは、ネイティヴ・コンプレクスが、まったく根拠をもたない共同幻想にすぎないということを検証していこうと考えています。

言語には訛りや方言がつきもの

ここで強調したいことは、
英語は世界的スケイルの「国際語」になってしまっている。
だから、日本国内で日本語がそうであるように、世界各地方でそれぞれに方言や訛り、言い回しの違いがものすごくたくさんある。
だから、誰もが地方ごとの方言や訛りを話している。
したがって、ネイティヴとか「本場」とかのレッテルはつけようもない。
ということです。
言い換えれば、自分の発音に向上心というもの以上にコンプレクスを感じたり、卑屈になったりする必要はないということです。和式発音大いに結構!。
今の時代、英語圏のまともな人、普通の人は、コミュニケイションの場で、そんなことで人を見下すようなことはしません。



posted by 田舎おやじ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ネイティヴ」コンプレクス | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

映画や音楽を楽しむ

これまで、堅い話ばかり続いたので、少し肩の力を抜いて、楽しい学習法を考えていきましょう。
前に、1日1時間程度は英語にひたる時間を設けてほしいと書きました。
でも、楽しくないと毎日は続きません。
そこで、これまでの私の経験やほかの人の経験(失敗談や成功談など)から、参考になるやり方を紹介しましょう。

英語版映画を観る

まず、映画(洋画)を観るのが楽しい、趣味としているという人向けのもの。
もちろん、英語が台詞として使われている作品を観るということです。
映画館に行って耳を研ぎ澄ませて画面を観て、かつ音声も聴き取るという方法もあります。が、これは、かなりの上級者向けのやり方です。

おススメなのは、DVDを買ったり借りたり(手元にすでにあるものが一番安上がり)して、映画作品を観るというやり方です。
そこで、英語のせりふの日本語字幕を観て、この台詞や会話(文)はいいなあ、覚えてみたいというところを探すよう集中して観てください。何か所でもいいですが、はじめは1つか2つでいいでしょう。慣れたら、だんだん増やしていきましょう。

で、学び方ですが、これができるのは、英語字幕(サブタイトル)がついているDVDだけです。最近の作品は、ほとんどついていますが。
字幕(サブタイトル)表示を、学びたい場面に来たら、英語字幕にします。すると、画面の下(や横)に英語字幕が出ます。
そこで、静止画面にして英文を読んで覚えてください。全部でなくても、1文でいいでしょう。あるいは、書き写して、単語・熟語の意味や文法などを調べて覚えます。

まあだいたい覚えたかな、というところで、画面を動かします(自信がなければスローモーションで)。
で、今度は、耳で英文(会話)を聴き取る段階です。短い文を聞き分けることができて、覚えるまで、何度も聴いてください。
これをやるためには、アクションなどで俗語頻出の「ブロークン・イングリッシュばかり」という作品はダメです。ある程度は落ち着いた話し方のものです。
ただし、アメリカを舞台とする作品でも地方ごとに方言(発音の違い)や訛り、言い回しなどがあります。自分で「こういう英語がきれいだな」と思う作品を選んでください。もっとも、日本向けヴァージョンの英語音声データは、だいたい、ニュウヨークやカリフォーニアなどの「標準英語」になっています。
最後は、映画を真似して話して(発音して)みます。あるいは、自分で理想だと思う発音でいいですから。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

英語版音楽を聴く

次は音楽鑑賞を楽しみながら、という方法です。
今度はレンタルではなく買った洋楽(英語歌詞の日本版)がいいです。英語と邦訳の歌詞カードがついているからです。もちろん、あまり訛りや方言が少ないと思うもの(もちろん、好きなら何でもいいです)。
これも、歌詞で好きなところ、覚えてみたいところを選んで、歌詞カード(冊子)を見ながら音楽を聴きます。覚えたい部分を何度も聴いて、自分で歌ってみましょう。

私の知り合いには、好きな曲については、英語の歌詞をだいたい覚えたら自分で翻訳したいと思いついて、やってみたという人がいました。そのアーティストについてのイメイジをこめて訳したそうです。自分なりの訳には、今でも愛着があると言っています。
歌は、ポップスはテンポが速いので、聴き取るのがかなり大変( a とか the、 of などは聞こえないくらいに発音している)ですが、好きな曲なら我慢できるでしょう(いや、しましょう!)。早口の英語を聴き取る訓練になります。

私のおススメ作品をあげておきます。
《映画》
「評決」
「小説家を見つけたら」
「炎のランナー」(これはブリテンのクイーンズ・イングリッシュが多い)
《音楽》
カーペンターズ「トップ オヴ ザ ワールド」
サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」
ブラザーズ・フォア「グリーンフィールズ」
ピーター、ポール&マリー「パフ」「朝の雨」
パーシー・スレッジ「男が女を愛するとき」

posted by 田舎おやじ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しい学び方(遊び) | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

《文の骨格(本体)》 と 《飾りの部品》

さて、前回「文の型」の記事で、①の文型の例文
 The ice is a status of (the) water.
について考えてみましょう。
英語の世界の頭の使い方というか、論理は、私はこうだと思うのです。
「氷というものはね、1つの状態なんだよね」「水というもののね」。
「氷は状態である。水の」ということです。
いわば物理的に組み立てられている英語の世界では、意味を前の方からどんどん受け取っていくのです。
そのために、本質的に重要な語を前にもっていき、それを飾ったり補ったりして付加的に説明する語は、「できるだけ」あとまわしにする。ということです(「できるだけ」というのは、status の前に a がついているからです)。
したがって、英語での読書や会話では、文や相手の言葉を前から順に追いかけて理解し、意味の文脈を組み立てていくことが大事です。「翻訳」のために意味を後ろから受け取っていくと、混乱してしまいます。
必ず前から順に追いかけてください。そこで、そういう頭の働き、論理の組み立て方、追いかけ方を学び慣れなければなりません。

で、ここでは、ice is a status の部分を文の骨格と呼びましょう。
もっと切り縮めると、文の本質は ice status の2つだけです。とはいえ、文脈を完成させるためには、water を足して、 ice status water の3つは必要です。が文法的には、2つだけで成り立ちます。会話では、それで通じます。
英語圏では、たぶん、言葉を覚えたての幼子たちは、そんな風に話し始めるのでしょう。
さて、ここで、ステイタス=状態という語を付加的に説明している語について見てみましょう。付加的に説明して飾る(詳しくする)言葉を、「修飾語(飾り言葉)」といいます。これは日本語と同じです。

連体修飾語.png

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

日本語では、「水の1つの」が「状態」を修飾して説明し、意味を詳しくしているのです。状態は名詞つまり体言ですから、名詞を飾る言葉を「連体修飾語」と呼びます。体言に連接して(つながって)修飾する語だからです。
英語でもまったく同じです。
それで、a, the, small, beautifulなど、数や状態を表す冠詞や形容詞が1つだけの場合は、本体の名詞の前につきます。ところが、of the water のように2つ以上の語がつく場合には後ろに来ます。
さらにここでは、必ず後ろに着く前置詞 of がありますから、さらにさらにです。
ただし、very という形容詞を前から飾る副詞がつく場合は、a very beautiful girl というように名詞の前につきます。

ところが、「庭園のなかを歩いている1人の少年」という場合には、
a boy walking in the garden というように、後ろ側に回ります。ここで walk は ing の形、現在進行形の意味を持つ「現在分詞」で、形容詞(分詞形容詞)となっています。これは、のちに詳しく説明します。
この語句を使って文をつくると、たとえば
 A boy walking in the garden is my nephew.
 庭園を歩いている少年は、私の甥です。という意味です。
英語的な意味の取り方を説明します。

一人の少年 歩いている 庭のなかを (あ! ここで is が来た。ということは、その前までが「主語のかたまり」なんだ!) 私の 甥・・・です、という風になりましょうか。
ここで、ちょっと難しい課題を出します。
今、頭から意味を受け取っていった順序で、頭のなかにシーン(イラストや漫画でもよい)を思い浮かべてみてください。整った日本語にする前に、画像としてイメージするのです。教材やスクールで学んだときに、短い文章では、日本語を完成させる前にイメージを描くようにしていく訓練をしてみましょう。

posted by 田舎おやじ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語を学ぶ方法 | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

文の「型」

では、まず、話すときに、自分がどういう文の型をつくって表現しているのかを意識してください。
これは《数学を楽しむ》というブログの記事でも書いたことですが、
日本語も英語も含めて、世界のあらゆる言語には、次の3つの型しかありません。
というのは、私たちの世界がそういう構造=成り立ちになっているからで、それを写し取る文の型もまた世界の構造に照応しているのです。

① 何が何だ(である)。     例)氷は、水の一つの状態である。
② 何がどうする。        例)黒い馬が疾駆する。
③ 何がどんなだ。        例)この花は美しい。

ここで、「何が」にあたる部分=分節を「主語」または「主部}と呼びます。「何だ」「どうする」「どんなだ」の部分=分節を「述語」または「述部」と呼びます。文節とは、最低限度の意味のまとまりを示す言葉のかたまり、ブロックです。
そして「何が」は、「何」という名詞と「が」という助詞から成り立っています。「何だ」は、「何」という名詞と「だ」という助詞からできています。
「どうする」は動詞です。「どんなだ」というところには、形容詞または形容動詞がきます。

①は、物の名前を説明する文です。したがって、述語には物の名前を表す名詞がくるわけです。
②は、物の動作を述べる文です。だから、述語には動作を示す動詞がきます。
③は、物の様子や状態を語る文です。そこで、様子や状態を表す形容詞や形容動詞がくるのです。
こうして、今自分は「物が何であるか」を語る文をつくっているんだ、とか、「動作」を説明する文をつくっているんだ、とか、「様子や状態を」述べる文を思い浮かべているんだ、と自己分析してください。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

英文の型

上の3つの例文を英語に直してみましょう。
① The ice is a status of (the) water.
② A dark horse runs.
③ This flower is beautiful.
ここで、①と③は is という be動詞が述語動詞になるので、同じ文型とすると、英語には2つの基本型しかないことになります。が今は、別の型として分けておきましょう。
英語では述部は、①では is a status of (the) water 、②では runs 、③では is beautiful です。
さて、英語でも物の名前を説明する文の述部には中心となる名詞 status があって、②では動詞 runs 、③では形容詞 beautiful が中心となっています。

英語の習慣や約束事

ところで、氷は The ice として定冠詞 the をつけていますが、これは世の中一般に「氷というもの」という風に、氷という存在を抽象的に思い描いているからです。最近では、口語(話し言葉)に合わせて、つけない傾向にあります。
「黒い馬」について A dark horse というように不定冠詞 a がついているのは、まだここでは、黒い馬についてそれ以前に話題になっていないからです。このあとにまた出てくれば、そのときは the となります。
3つの文型に区分すると、述部の中心に「名詞をもってくるべきだ」、「動詞をもってくるべきだ」、「形容詞をもってくるべきだ」というように一定の秩序=約束事を与えることができるのです。

ところで、①の英文で述部の本体に status water と2つの名詞があります。そして、ステイタスが前に来るのは、英語では「本質的な重要性がある語」をできるだけ前にもってくるという規則があるからです。
日本語では、説明=修飾する語を前に置いて、本質的な重要性のある語を後ろにもっていきます。この違いを覚えておいてください。

posted by 田舎おやじ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語と日常生活 | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

英語(語学)のための話し方

今回考えてほしいことは、
普段の日本語の話し方のなかで、きちんと《言葉・文・文章》を組み立てることを意識することが、英語を学ぶために決定的に重要なことだ
ということです。
母国語以外の外国語を話すということは、つまり意識的に《作文をするということ》です。
日本語を話しているときにも、「今、自分はこういう内容を伝えるつもりで、こういう文法上の組み立ての文を話しているんだ」と意識してください。もちろん、すべてというわけではありません。
集中してやれば、1日のうちの20分間くらいもあれば、いいでしょう。そのときは、日本語を漫然と話すのをやめて、頭のなかで文法ヴァージョンに切り換えてください。
そうしないと、どんなに素晴らしい教材やスクールでで学んでも、上達はおぼつかないでしょう。
「自由に使える、話せる」と思っている言語=言葉ですら、意識的に正しい文法規則を使って作文することができないのですから。

そのためには、まず日本語について、文の組立ての型と文の部品(意味と用法)を正確にしなければなりません。

まず、そのようにして、普段使っている日本語の仕組みや規則を分析し、組み立て方を理解・意識することが苦にならなくなれば、語順や言葉に置き換えによって、外国語を整理して覚えていくことができます。
言葉にすると、むずかしい、理屈っぽくなりますが、初歩的なことから始めます。
初歩ですが、たぶん「目からウロコ」かもしれません。日本語って、こんなに奥が深いんだ!って。
それでは、次回から具体的な訓練に入ります。
かなり理屈っぽい勉強ですが、この程度の日本語での説明についてこれないようなら、英語や英会話の習熟はまず望めません。

【Ecom英語ネット】日本で最初のSkype英会話学校

posted by 田舎おやじ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語を学ぶ方法 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。